投稿日:

皇潤の副作用が気になる!

皇潤はテレビCMでもよく見かける人気の健康食品ですが、いざ飲むとなると気になってくるのが副作用なのではないでしょうか。いくら効果が高くても安心して飲めるものでなければ、試すのに二の足を踏んでしまうものです。

皇潤に副作用はある?
皇潤に含まれている主な成分はヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、女性用の美容ドリンクなどにもよく配合されていて、ふっくらとしたお肌を目指せる成分だといって良いでしょう。しかも、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、摂取しても何の問題もなく副作用が起きる心配は無用です。

しかし、気を付けたいのが飲み過ぎです。早く痛みから解放されたいからと、決められた量以上に摂取するのはいけません。皇潤は薬ではなく健康食品なので、少しずつ体に働きかけていきます。例え間違って飲み過ぎたとしても、深刻な副作用が出ることはないとされていますが、くれぐれも決められた量以上に飲むことはやめましょう。また、皇潤以外にもヒアルロン酸入りの健康食品を飲んでいるという人は、合計すると過剰な摂取量になってしまうことがあるので注意が必要です。

他にも、皇潤には、卵由来の成分、カニ由来の成分が含まれているので、食物アレルギーのある方は注意が必要です。含有量は微量ですが、念のためかかりつけのお医者さまに相談してから摂取するのが望ましいといえます。

また、もしも飲んでいて調子が悪くなったと感じたら、すぐに摂取を中止しましょう。ごくまれではありますが、体質に合わないという方もいるので、その場合は速やかに摂取をやめて、かかりつけのお医者さまに相談しましょう。

さらに、持病があって薬を飲んでいる方も、あらかじめかかりつけのお医者さまに相談してから摂取を開始すると安心です。摂取は控えるように、などと言われることはまずありませんが、飲んでいることを知っておいてもらうのは大切なことです。

以上のように、いくつか注意すべき点はあるものの、皇潤には副作用といえるほどのものはないので安心です。

投稿日:

皇潤に含まれるヒアルロン酸って何

衰えた足腰の関節をサポートするのに人気の皇潤ですが、そのメインとなる成分がヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、人が生きてく上では欠かすこのできない重要な成分だといってよいでしょう。

ヒアルロン酸てどんなもの?
ヒアルロン酸は、人や動物の体の中にもともと存在する成分で、ムコ多糖類の一種です。ムコ多糖類はネバネバしていることが特徴で、ネバネバ食品の代表、やまいもや納豆、おくらなどもムコ多糖類を多く含む食品です。名称にある「ムコ」というのは、動物の粘液を意味するラテン語が由来となっているのですが、唾液や血液など私たちの体液がすべて粘性を持っていることによります。そして、この粘性の中に、驚くほどたくさんの水分を抱え込むことができるのです。

このようにネバネバとした粘性を持つムコ多糖類は、ヒアルロン酸の他にも、コンドロイチンなどがあります。しかし、ヒアルロン酸の保水力は群を抜いています。わずか1gのヒアルロン酸が抱えられるのは、などんと500mlのペットボトル12本分にものぼるのです。人間の体の60%は水分で成り立っていることを考えると、ヒアルロン酸がいかに大きな役割を果たしているかがわかるというものではないでしょうか。

ヒアルロン酸は、肌をしっとりさせてモチモチの弾力をキープするのにも欠かせませんし、関節がスムーズに動くのにも欠かすことができません。また、パソコンやスマホを長時間見る私たちが陥りやすい眼精疲労を改善してくれる大切な成分でもあります。

ヒアルロン酸は、これほどまでに重要な成分にも関わらず、年齢とともに減少していってしまいます。お年寄りになると膝の動きが悪くなるのは、体内のヒアルロン酸がなくなってしまうからなのです。そこで必要なのが皇潤です。皇潤には、鶏のトサカから抽出したヒアルロン酸がたっぷりと含まれています。しかも、体に取り込まれやすいように低分子化されているので、効率よく水分を補うことができるのです。

皇潤はギフトにも使える安全な高品質サプリメントページはこちら