投稿日:

しじみ習慣が体に良いと言われる理由

食べる習慣をつけた方が良いと言われ、からだに良いとされている食べ物のひとつがしじみです。しじみが体に良いと言われる理由として、たくさんの栄養が含まれていることが挙げられます。しじみに含まれている栄養素の中でも、特に6つの栄養素が着目されています。

まず1つ目は、ビタミンB12です。ビタミンB12は、中枢神経や脂肪の代謝に欠かせない、大切な働きをします。もしビタミンB12が足りなくなってしまうと、悪性貧血や神経障害が引き起こされてしまうことがあります。しかし、ビタミンB12は野菜などの植物性の食べ物には含まれていません。そのため、しじみを習慣的に食べるようにすることで、不足を補うことができます。

2つ目はアミノ酸です。しじみには、体内で生成することのできない必須アミノ酸をはじめ、さまざまな種類のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸の指標となるアミノ酸スコアに関しては、100点満点中100点という高い点数を叩き出しています。

3つ目はカルシウムです。カルシウムには、骨や歯を生成する働きがあるだけでなく、筋肉の成長や神経の働きを調整する役割があります。カルシウムが不足してしまうと、骨がスカスカになってしまう病気である骨粗鬆症の原因となってしまいます。

4つ目は鉄分です。鉄分は、血液中で酸素を運搬することにより、細胞が呼吸するための大切な働きをしています。汗をかくことで鉄分は失われるため、意識的に摂取するようにしなければなりません。

5つ目はビタミンEです。ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ働きがあります。細胞が酸化してしまうと、化の原因になると言われています。さらにビタミンEが不足すると、体内の生命維持活動が正常に機能しなくなってしまいます。

最後に、6つ目はビタミンB2です。ビタミンB2には、細胞の成長を促すは働きがあります。したがって、ビタミンB2を積極的に摂取することで、皮膚や髪の毛の生成を活発にすることができます。
以上6つの栄養素からも蜆を濃縮した「しじみ習慣」が体に良いと言えるでしょう。

しじみ習慣 無料サンプルはこちらを参考にしてください。

投稿日:

貧血にも良いとされるしじみ

しじみは、貧血気味の方にも良いとされている食べ物のひとつです。貧血症状のある女性は少なくないので、日頃から鉄分を意識的に摂取しているという方も多いでしょう。鉄分を効率的にとることができる食べ物といえば、レバーです。しかし、レバーは独特の味わいであることから、なかなか習慣的に食べることができないという方もいらっしゃいます。

そこで、ここのところ習慣的に食べられるようになった食べ物というのが、ほうれん草です。ほうれん草はレバーと違って独特な臭みもなく、好き嫌いのある方でも比較的食べやすい野菜のひとつです。鉄分を豊富に含むほうれん草が日常的に食べられるようになった背景として、スムージーの流行が考えられます。スムージーを朝食代わりに飲んでいるという、お洒落な女性も多いです。スムージーにほうれん草を入れると全体的に味がしまって美味しくなるだけでなく、鉄分をはじめとするミネラルやビタミンがたっぷり含まれているので、ほうれん草をスムージーに必ず入れるという方も多くいらっしゃいます。

しかし、ほうれん草の鉄分というのは「非ヘム鉄」というもので、吸収の悪い鉄分であると言われています。もちろん、まったく食べないよりは食べるほうが鉄分を摂取できるのは間違いありませんが、できることなら貧血気味の方はより多くの鉄分を摂取したいところです。そんな時にぴったりな食べ物が、しじみです。しじみに含まれている鉄分は「ヘム鉄」というもので、吸収率の良いものです。さらに、血を作ってくれるビタミンB12と葉酸も多く含まれているので、貧血気味の方にはうってつけの食べ物です。ほうれん草などの鉄分が豊富な食べ物も取り入れながら、習慣的にしじみを食べることによって、貧血を改善していくことができるようになります。しじみのお味噌汁を毎朝摂るようにするだけでも、鉄分をたくさんを摂取することができるので、意識的に取り入れるようにしましょう。

しじみ習慣につてはこちらをご覧ください。

投稿日:

ペットにしじみを与えてもよいのか

しじみは、とても良い効果をもたらしてくれる食べ物のひとつです。栄養価が高いので、習慣的に食べた方がよいとされています。しかし、健康でいて欲しいからといって、ペットにも習慣的に与えてもよいかというと、それは間違っています。

ペットの体は一般的には人間の体よりも小さいだけあって、実はとても繊細なものです。したがって、「これくらい大丈夫だろう」という気持ちで生のしじみを与えてしまうと、体調を崩してしまう可能性があります。それは、生の貝類には、ビタミンB1を破壊してしまう酵素が含まれているからです。しじみに酵素がたくさん含まれているというわけではありませんが、少量でも含まれているので、生のしじみを与えることは避けた方がよいです。うっかり生のしじみを与えてしまったときにペットがそれを気に入ってしまうと、習慣的に欲しがるようになってしまうので、初めから与えないようにしましょう。

加熱したしじみには、ペットの体調を悪くしてしまうような成分は含まれていません。したがって、少しの量であれば与えても大きな問題はないと言えます。ただし、しじみには栄養がたくさん含まれているので、人間にとってはちょうど良い量であっても、ペットにとっては栄養を摂りすぎの状態となってしまうことがあります。そのため、加熱したしじみを与える際には、その量に気を付けて与えるようにしてください。

しかし、場合によってはしじみを与えてはいけないこともあります。それは、ペットの年齢が高齢であったり、病気を患っていたりする場合です。高齢や病気であると、しじみに含まれている栄養素を体の中で分解することができなくなる恐れがあります。そうなってしまうと、いくら良い成分であっても、体にとっては毒となってしまいます。さらに、病気でかかりつけの病院から薬をもらっているという場合、しじみの高い栄養のせいでその薬が効かなくなってしまうという可能性もあります。

しじみ習慣につてはこちらをご覧ください。

投稿日:

しじみ料理のレパートリー

しじみはできれば習慣的に摂りたい食べ物のひとつです。栄養価が非常に高いので、しじみを習慣的に食べることによって、健康的な食生活を送ることができるようになります。しかし、しじみの定番のレシピといえばお味噌汁なので、それ以外のアイデアがなかなか思いつかないという方も多くいらっしゃるでしょう。しじみのレシピをお味噌汁以外にも広げれていけば、飽きることなく習慣的にしじみを食べることができます。

あっさりとした味わいを持つしじみでおすすめしたいレシピが、ガーリック炒めです。あっさりしたものよりもこってりしたものが好きという方でも、満足を得ることができる人気レシピのひとつです。まず、砂抜きをしたしじみを用意します。できれば、砂抜きした後にあらかじめ冷凍しておいたものがよいです。冷凍することによって、オルニチンやイノシン酸といったしじみのうまみ成分が増えるからです。次に、熱したフライパンにバターを入れて溶かします。バターが溶けたら弱火にして、みじん切りにしたにんにくを入れます。にんにくが焦げないように、バターへにんにくの香りを移すような感じでにんにくを炒めます。にんにくの香りがバターに移ったら、ここでしじみを入れます。

それから、しじみ全体にバターとにんにくの風味が移っていくように、なじませるようにしてしじみを炒めていきます。しじみにバターとにんにくの風味が移ってきたら、お酒を入れて蓋を閉めて蒸していきます。加熱をしすぎるとしじみのうまみが壊れてしまうので、様子を見ながら蒸すようにしましょう。しじみの貝が開いて来たら、蓋を開けて味付けにとりかかります。味付けといっても、バターとにんにく、お酒の風味で十分に味がついているので、塩とコショウで味を締めるくらいで十分です。味付けをしたら火を止めて、お好みで刻みネギをふりかけましょう。刻みネギのシャキシャキ感とうまみが詰まったしじみを楽しむことができます。

しじみ習慣につてはこちらをご覧ください。

投稿日:

しじみのお味噌汁の基本的な作り方

しじみを習慣的に摂取するために作りやすい代表的な料理といえば、お味噌汁です。しじみが持っているエキスが味噌に溶け出るので、どこでも見かけるわかめと豆腐のお味噌汁よりも、うまみ成分をたっぷり感じることができます。お酒をたくさん飲んだ次の日にはしじみのお味噌汁をいただく、と決めている方も多いでしょう。

しじみは砂抜きをしなければならない食材なので、わかめと豆腐のお味噌汁と比べてひと手間がかかるというのが、ネックなところです。そのため、しじみのお味噌汁を作るときには、市販されているインスタントタイプのお味噌汁を利用する手もあります。しかし、自分で手作りすれば好みで味の調節をすることができますし、しじみのうまみ成分をより強く感じられるお味噌汁をいただくことができます。

砂抜きさえしておけば1ヶ月くらい冷凍庫で保存することが可能なので、買ってきたその日にはしじみの砂抜きをするようにしましょう。しじみのお味噌汁を作る際には、あらかじめ砂抜きをして冷凍保存をしておいたしじみを使うと簡単です。解凍する必要がなく、そのまま使うことができるので、お手軽です。

まず、砂抜きをして冷凍しておいたしじみを鍋に入れて、水を入れ、それを火にかけます。しじみの味をしっかりと楽しみたい方はしじみのみで問題ありませんが、出汁の風味も欲しい場合は出汁を入れてもOKです。沸騰してきたら火を弱火にして、しじみから出るアクを取り除きます。アクが苦手であるという方は、しっかりとアクをとると良いです。しばらく煮出してしじみの貝が開いてきたら、お酒を振り入れます。それからすぐに、味噌を溶かします。しじみのお味噌汁には赤味噌が一般的ですが、白味噌が良いという方は、白味噌でも大丈夫です。貝が開いてから加熱するのはあまりよくないので、味噌を溶いたらすぐに火を止めてください。お好みで刻みネギや山椒を入れると、より美味しくいただくことができます。

しじみ習慣につてはこちらをご覧ください。