皇潤継続ご愛用のススメ

蜆やヒアルロン酸サプリメントなど

皇潤継続ご愛用のススメ header image 2

しじみの砂抜きの方法

2016年07月21日 by admin

しじみを習慣的に食べたいと思っていても、砂抜きをしなければならないから少し面倒になってしまいます。また、砂抜きの方法がよく分からないという理由から、しじみだけではなく貝類はほとんど食べないという方も少なくないでしょう。しかし、しじみの砂抜き方法は、実は意外と簡単なのです。

まず、しじみ同士が重ならないように、バットなどに入れて並べます。そこへ、塩分1パーセント程度の塩水を流し入れます。1パーセントの塩水というのは、例えば水1リットルに対して、塩を10グラム入れた状態です。しじみを並べたバットに入れる塩水の量は、塩水から少ししじみの頭が出るくらいのひたひたの量を入れます。これは、しじみ全体が浸かってしまうまで塩水を入れてしまうと、しじみが窒息死してしまう可能性があるからです。しじみを塩水に浸しておいておく時間は、夏であれば3時間から4時間、冬であれば5時間から6時間くらいが適当です。

塩水に浸しておく時間が経ったら、しじみを流水で洗います。これは、塩水に浸したことによって中から出てきた汚れなどを綺麗に洗い流すためです。しっかりと汚れをとるために、しじみ同士をこすり合わせるようにして洗いましょう。この時点でも調理することができるので、すぐに調理したい場合にも問題はありません。

すぐに調理をしない場合には、冷凍保存も可能です。冷凍する場合は、塩水に浸した後によく洗ったしじみをバットに並べて、3時間程度放置しておきます。このとき、しじみが乾燥してしまわないように、クッキングペーパーを上からかけるようにしましょう。そして、しじみを冷凍用の保存袋に入れて、冷凍庫へ入れます。実は、冷凍した方がしじみのうまみ成分が増すといわれています。冷凍することで、うまみ成分であるオルニチンやイノシン酸が増えるので、食べるときにより美味しく感じることができるのです。冷凍したしじみを調理するときには、解凍せずそのまま使うことができます。

タグ : コメント(0)

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。