皇潤継続ご愛用のススメ

蜆やヒアルロン酸サプリメントなど

皇潤継続ご愛用のススメ header image 2

肝臓の働きを助けてくれるしじみ

2016年07月20日 by admin

しじみは、肝臓の働きを助けてくれる食べ物として有名です。普段よくお酒を飲む習慣のある人には、「二日酔いにはしじみ」ということを何となく耳にしたことがある方も少なくないでしょう。これまでに、しじみが持っている力は、特に肝臓にさまざまな良い影響を与えるとされてきました。

まず最初に、体に脂肪が溜まるのを予防する働きがあります。肝臓の10パーセントを超える中性脂肪が溜まってしまうと、いわゆる「脂肪肝」となってしまいます。ひとたび脂肪肝になってしまうと、肝臓本来の機能が低下して、そのままに放置してしまうと「肝硬変」や「肝臓がん」の原因となってしまうのです。しじみには、肝臓に脂肪が蓄積されるのを防ぐ作用があるので、脂肪肝になりにくくします。

次に、肝臓に入ってくる不要なコレステロールを排出する働きがあります。そもそも肝臓にはコレステロールの量を調整する働きがあるのですが、コレステロールの量が増えすぎてしまうと、余剰分を処理しきれずにかえって肝臓に多大な負担をかけてしまいます。コレステロール値が高めの人がしじみを食べることによって、不要なコレステロールを体外へ排出する流れを促し、肝臓への負担を減らすことができるというわけです。

そして一説には、睡眠の質を改善する力があるといわれています。これは、九州大学と富山大学が共同で行ったしじみの研究の中で発見されました。しじみのエキスを与え続けたラットと与えていないラットが寝ている時の脳波を測定したところ、しじみのエキスを与えていたラットの方が深い眠りをとる傾向があるという結果を得ることができたのです。

お酒を飲んでアルコールを摂取した場合だけでなく、美容にとっても良い成分がたっぷり含まれているので、しじみは習慣的に食べるようにしたい食べ物のひとつです。特に、肝臓機能の衰えが心配であるという方は、意識的に毎日の食事の中で取り入れるようにしていくとよいでしょう。

タグ : コメント(0)

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。