投稿日:

しじみ習慣が体に良いと言われる理由

食べる習慣をつけた方が良いと言われ、からだに良いとされている食べ物のひとつがしじみです。しじみが体に良いと言われる理由として、たくさんの栄養が含まれていることが挙げられます。しじみに含まれている栄養素の中でも、特に6つの栄養素が着目されています。

まず1つ目は、ビタミンB12です。ビタミンB12は、中枢神経や脂肪の代謝に欠かせない、大切な働きをします。もしビタミンB12が足りなくなってしまうと、悪性貧血や神経障害が引き起こされてしまうことがあります。しかし、ビタミンB12は野菜などの植物性の食べ物には含まれていません。そのため、しじみを習慣的に食べるようにすることで、不足を補うことができます。

2つ目はアミノ酸です。しじみには、体内で生成することのできない必須アミノ酸をはじめ、さまざまな種類のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸の指標となるアミノ酸スコアに関しては、100点満点中100点という高い点数を叩き出しています。

3つ目はカルシウムです。カルシウムには、骨や歯を生成する働きがあるだけでなく、筋肉の成長や神経の働きを調整する役割があります。カルシウムが不足してしまうと、骨がスカスカになってしまう病気である骨粗鬆症の原因となってしまいます。

4つ目は鉄分です。鉄分は、血液中で酸素を運搬することにより、細胞が呼吸するための大切な働きをしています。汗をかくことで鉄分は失われるため、意識的に摂取するようにしなければなりません。

5つ目はビタミンEです。ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ働きがあります。細胞が酸化してしまうと、化の原因になると言われています。さらにビタミンEが不足すると、体内の生命維持活動が正常に機能しなくなってしまいます。

最後に、6つ目はビタミンB2です。ビタミンB2には、細胞の成長を促すは働きがあります。したがって、ビタミンB2を積極的に摂取することで、皮膚や髪の毛の生成を活発にすることができます。
以上6つの栄養素からも蜆を濃縮した「しじみ習慣」が体に良いと言えるでしょう。

しじみ習慣 無料サンプルはこちらを参考にしてください。