皇潤継続ご愛用のススメ

蜆やヒアルロン酸サプリメントなど

皇潤継続ご愛用のススメ header image 2

ペットにしじみを与えてもよいのか

2016年04月26日 by admin

しじみは、とても良い効果をもたらしてくれる食べ物のひとつです。栄養価が高いので、習慣的に食べた方がよいとされています。しかし、健康でいて欲しいからといって、ペットにも習慣的に与えてもよいかというと、それは間違っています。

ペットの体は一般的には人間の体よりも小さいだけあって、実はとても繊細なものです。したがって、「これくらい大丈夫だろう」という気持ちで生のしじみを与えてしまうと、体調を崩してしまう可能性があります。それは、生の貝類には、ビタミンB1を破壊してしまう酵素が含まれているからです。しじみに酵素がたくさん含まれているというわけではありませんが、少量でも含まれているので、生のしじみを与えることは避けた方がよいです。うっかり生のしじみを与えてしまったときにペットがそれを気に入ってしまうと、習慣的に欲しがるようになってしまうので、初めから与えないようにしましょう。

加熱したしじみには、ペットの体調を悪くしてしまうような成分は含まれていません。したがって、少しの量であれば与えても大きな問題はないと言えます。ただし、しじみには栄養がたくさん含まれているので、人間にとってはちょうど良い量であっても、ペットにとっては栄養を摂りすぎの状態となってしまうことがあります。そのため、加熱したしじみを与える際には、その量に気を付けて与えるようにしてください。

しかし、場合によってはしじみを与えてはいけないこともあります。それは、ペットの年齢が高齢であったり、病気を患っていたりする場合です。高齢や病気であると、しじみに含まれている栄養素を体の中で分解することができなくなる恐れがあります。そうなってしまうと、いくら良い成分であっても、体にとっては毒となってしまいます。さらに、病気でかかりつけの病院から薬をもらっているという場合、しじみの高い栄養のせいでその薬が効かなくなってしまうという可能性もあります。

タグ : コメント(0)

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。