シジミと健康食品

シジミと健康食品 header image 4

しじみ料理のレパートリー

2017年03月30日 by admin
コメント

しじみはできれば習慣的に摂りたい食べ物のひとつです。栄養価が非常に高いので、しじみを習慣的に食べることによって、健康的な食生活を送ることができるようになります。しかし、しじみの定番のレシピといえばお味噌汁なので、それ以外のアイデアがなかなか思いつかないという方も多くいらっしゃるでしょう。しじみのレシピをお味噌汁以外にも広げれていけば、飽きることなく習慣的にしじみを食べることができます。

あっさりとした味わいを持つしじみでおすすめしたいレシピが、ガーリック炒めです。あっさりしたものよりもこってりしたものが好きという方でも、満足を得ることができる人気レシピのひとつです。まず、砂抜きをしたしじみを用意します。できれば、砂抜きした後にあらかじめ冷凍しておいたものがよいです。冷凍することによって、オルニチンやイノシン酸といったしじみのうまみ成分が増えるからです。次に、熱したフライパンにバターを入れて溶かします。バターが溶けたら弱火にして、みじん切りにしたにんにくを入れます。にんにくが焦げないように、バターへにんにくの香りを移すような感じでにんにくを炒めます。にんにくの香りがバターに移ったら、ここでしじみを入れます。

それから、しじみ全体にバターとにんにくの風味が移っていくように、なじませるようにしてしじみを炒めていきます。しじみにバターとにんにくの風味が移ってきたら、お酒を入れて蓋を閉めて蒸していきます。加熱をしすぎるとしじみのうまみが壊れてしまうので、様子を見ながら蒸すようにしましょう。しじみの貝が開いて来たら、蓋を開けて味付けにとりかかります。味付けといっても、バターとにんにく、お酒の風味で十分に味がついているので、塩とコショウで味を締めるくらいで十分です。味付けをしたら火を止めて、お好みで刻みネギをふりかけましょう。刻みネギのシャキシャキ感とうまみが詰まったしじみを楽しむことができます。

タグ : コメント(0)

しじみのお味噌汁の基本的な作り方

2017年02月27日 by admin
コメント

しじみを習慣的に摂取するために作りやすい代表的な料理といえば、お味噌汁です。しじみが持っているエキスが味噌に溶け出るので、どこでも見かけるわかめと豆腐のお味噌汁よりも、うまみ成分をたっぷり感じることができます。お酒をたくさん飲んだ次の日にはしじみのお味噌汁をいただく、と決めている方も多いでしょう。

しじみは砂抜きをしなければならない食材なので、わかめと豆腐のお味噌汁と比べてひと手間がかかるというのが、ネックなところです。そのため、しじみのお味噌汁を作るときには、市販されているインスタントタイプのお味噌汁を利用する手もあります。しかし、自分で手作りすれば好みで味の調節をすることができますし、しじみのうまみ成分をより強く感じられるお味噌汁をいただくことができます。

砂抜きさえしておけば1ヶ月くらい冷凍庫で保存することが可能なので、買ってきたその日にはしじみの砂抜きをするようにしましょう。しじみのお味噌汁を作る際には、あらかじめ砂抜きをして冷凍保存をしておいたしじみを使うと簡単です。解凍する必要がなく、そのまま使うことができるので、お手軽です。

まず、砂抜きをして冷凍しておいたしじみを鍋に入れて、水を入れ、それを火にかけます。しじみの味をしっかりと楽しみたい方はしじみのみで問題ありませんが、出汁の風味も欲しい場合は出汁を入れてもOKです。沸騰してきたら火を弱火にして、しじみから出るアクを取り除きます。アクが苦手であるという方は、しっかりとアクをとると良いです。しばらく煮出してしじみの貝が開いてきたら、お酒を振り入れます。それからすぐに、味噌を溶かします。しじみのお味噌汁には赤味噌が一般的ですが、白味噌が良いという方は、白味噌でも大丈夫です。貝が開いてから加熱するのはあまりよくないので、味噌を溶いたらすぐに火を止めてください。お好みで刻みネギや山椒を入れると、より美味しくいただくことができます。

タグ : コメント(0)

貧血にも良いとされるしじみ

2017年01月30日 by admin
コメント

しじみは、貧血気味の方にも良いとされている食べ物のひとつです。貧血症状のある女性は少なくないので、日頃から鉄分を意識的に摂取しているという方も多いでしょう。鉄分を効率的にとることができる食べ物といえば、レバーです。しかし、レバーは独特の味わいであることから、なかなか習慣的に食べることができないという方もいらっしゃいます。

そこで、ここのところ習慣的に食べられるようになった食べ物というのが、ほうれん草です。ほうれん草はレバーと違って独特な臭みもなく、好き嫌いのある方でも比較的食べやすい野菜のひとつです。鉄分を豊富に含むほうれん草が日常的に食べられるようになった背景として、スムージーの流行が考えられます。スムージーを朝食代わりに飲んでいるという、お洒落な女性も多いです。スムージーにほうれん草を入れると全体的に味がしまって美味しくなるだけでなく、鉄分をはじめとするミネラルやビタミンがたっぷり含まれているので、ほうれん草をスムージーに必ず入れるという方も多くいらっしゃいます。

しかし、ほうれん草の鉄分というのは「非ヘム鉄」というもので、吸収の悪い鉄分であると言われています。もちろん、まったく食べないよりは食べるほうが鉄分を摂取できるのは間違いありませんが、できることなら貧血気味の方はより多くの鉄分を摂取したいところです。そんな時にぴったりな食べ物が、しじみです。しじみに含まれている鉄分は「ヘム鉄」というもので、吸収率の良いものです。さらに、血を作ってくれるビタミンB12と葉酸も多く含まれているので、貧血気味の方にはうってつけの食べ物です。ほうれん草などの鉄分が豊富な食べ物も取り入れながら、習慣的にしじみを食べることによって、貧血を改善していくことができるようになります。しじみのお味噌汁を毎朝摂るようにするだけでも、鉄分をたくさんを摂取することができるので、意識的に取り入れるようにしましょう。

タグ : コメント(0)

しじみが体に良いと言われる理由

2016年12月30日 by admin
コメント

食べる習慣をつけた方が良いと言われ、からだに良いとされている食べ物のひとつがしじみです。しじみが体に良いと言われる理由として、たくさんの栄養が含まれていることが挙げられます。しじみに含まれている栄養素の中でも、特に6つの栄養素が着目されています。

まず1つ目は、ビタミンB12です。ビタミンB12は、中枢神経や脂肪の代謝に欠かせない、大切な働きをします。もしビタミンB12が足りなくなってしまうと、悪性貧血や神経障害が引き起こされてしまうことがあります。しかし、ビタミンB12は野菜などの植物性の食べ物には含まれていません。そのため、しじみを習慣的に食べるようにすることで、不足を補うことができます。

2つ目はアミノ酸です。しじみには、体内で生成することのできない必須アミノ酸をはじめ、さまざまな種類のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸の指標となるアミノ酸スコアに関しては、100点満点中100点という高い点数を叩き出しています。

3つ目はカルシウムです。カルシウムには、骨や歯を生成する働きがあるだけでなく、筋肉の成長や神経の働きを調整する役割があります。カルシウムが不足してしまうと、骨がスカスカになってしまう病気である骨粗鬆症の原因となってしまいます。

4つ目は鉄分です。鉄分は、血液中で酸素を運搬することにより、細胞が呼吸するための大切な働きをしています。汗をかくことで鉄分は失われるため、意識的に摂取するようにしなければなりません。

5つ目はビタミンEです。ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ働きがあります。細胞が酸化してしまうと、化の原因になると言われています。さらにビタミンEが不足すると、体内の生命維持活動が正常に機能しなくなってしまいます。

最後に、6つ目はビタミンB2です。ビタミンB2には、細胞の成長を促すは働きがあります。したがって、ビタミンB2を積極的に摂取することで、皮膚や髪の毛の生成を活発にすることができます。

効果的に栄養成分を摂るなら、しじみ習慣(初回半額)がよいと思います。

タグ : コメント(0)

にきび肌に効果的なしじみ

2016年11月30日 by admin
コメント

年齢が20代になってから、大人にきびをすぐに治すことができなくなってしまいました。10代の頃は1日~3日程度で治っていたものが、年齢を重ねるにつれてその時間が段々と延びるようになっていきました。そこで、どうしたらよいものかと悩んでいたときに知ったのが、しじみにはにきびを治してくれる効果があるということです。しじみの栄養価が高いことは知っていましたが、それはあくまでも肝臓に良い効果をもたらすだけであると思っていました。お酒を飲む機会があったときだけにしか食べる機会のなかったしじみですが、にきびを治すためにできるだけしじみを食べる習慣をつけるようにしました。

そもそも、にきびができてしまう原因は、肌のターンオーバーが正常に働いていないことにあります。肌のターンオーバーが働いていない理由は、皮脂の過剰な分泌によって毛穴が詰まってしまい、肌の角質が硬くなってしまっているからです。

そこで、しじみに含まれているオルニチンが大活躍します。オルニチンには、細胞を活性化する作用があるからです。肌はすべて細胞で構成されており、オルニチンがその細胞を活性化することによって肌のターンオーバーを促し、古い角質が剥がれやすい状態となります。さらに、しじみに含まれているビタミンB2が良い働きをしてくれます。ビタミンB2には、皮脂の代謝を促す作用があるからです。皮脂の過剰な分泌を抑え、毛穴が皮脂で詰まってしまうのを予防します。さらに、しじみにはアミノ酸が含まれているので、肌の潤いも取り戻すことができます。

肌にとって良い成分がたくさん含まれているしじみを習慣的に食べて、にきびができても治りやすい肌になりました。肌の悩みが減ったことで、毎朝鏡を見るのが嬉しくてたまりません。しじみは肌だけでなく、内臓の様々な部分にも良い影響を与えてくれるので、しじみを習慣的に食べるようにしてから、心も体も軽くなったように感じます。

タグ : コメント(0)

カイテキオリゴの副作用が気になる人へ

2016年10月09日 by admin
コメント

カイテキオリゴをよく知らない人は、お薬が含まれた漢方薬と考える人も中にはいます。では、実際にカイテキオリゴの成分を見てみますと、高純度のオリゴ糖という事です。実際によく売れていて、しかも便秘の効果が期待できるというこの商品は、オリゴ糖しか含まれていないのですね。なので、市販されたお薬や、病院で渡されるお薬とは違い、副作用の心配はないという事です。もともと人が持つ自然治癒力をあげる健康食品のひとつと考えると分かりやすいでしょう。また市販のオリゴ糖には添加物が含まれるものもあります。なので、乳幼児には飲ませない事をお勧めしていますが、カイテキオリゴは添加物が含まれていません。乳幼児から高齢の人にも利用できる安心できる健康食品です。

また高純度オリゴ糖なので、不純物が含まれていません。合成甘味料を使用しないオリゴ糖という事で、思っているより甘さも感じる事がないでしょう。なので、このカイテキオリゴを服用しても、体に副作用はないのですね。この点は心配する必要はいらないでしょう。

通常、免疫細胞を持って私たちは生まれてきます。ですが、社会の変化や食生活が変わってきたために、もともとある免疫細胞や善玉菌のビフィズス菌が体内で整わないまま生まれてくるケースが年々増加しつつあるという事です。カイテキオリゴは、あるはずの善玉菌を通常の数値に戻してくれる働きを促す健康食品なのです。

ただし、腸内環境を整える過程で、もともと便秘気味の人が下痢気味になってしまうケースや、下痢気味の人が便秘気味になる場合があります。それは、副作用ではなく、腸内にあるビフィズス菌が一気に増えるためです。たいてい、服用するカイテキオリゴの量を調整する事で、バランスのいい腸内環境に変わってきます。これを副作用と心配する人も中にはいますが、そうではありません。弱い腸に溜まった悪玉菌が外に排出されるために引き起こす現象と考えてみると分かりやすいでしょう。中には、お薬と併用して利用している人もいますが、お医者さんにかかりつけの人は、カイテキオリゴを服用するか検討する前に、しっかり相談する事が大切ですね。

タグ : コメント(0)

カイテキオリゴ、お腹がゆるい人に効果が期待?

2016年09月08日 by admin
コメント

今、便秘の人にカイテキオリゴがいいという口コミで話題となっています。カイテキオリゴがなぜ便秘に効果的なのでしょうか。腸内のビフィズス菌を増やすために必要なものがオリゴ糖だという事が研究によって証明され、開発よってあらゆる人の中に存在するビフィズス菌に対応して作られたものがカイテキオリゴなのです。ですので、便秘に効果が期待できるという事はよく分かりますよね。赤ちゃんから80代の方にも対応できる不純物のないカイテキオリゴは、薬と違いますし、安心して服用できます。

では、反対にお通じのゆるい人には効果があるかという事です。単純に腸内環境を整える効果が期待できるなら、お通じがゆるい人も同じではないかと考える事ができます。おなかがゆるい方も腸内に入った栄養素が体に吸収しにくいためおなかが緩んでしまうという原因があります。また、精神的にストレスを感じやすいと腸の動きが低下して便が緩んでしまう事も考えれています。やはりおなかがゆるい場合も、腸内が正常に動いていない事が原因なのですね。

オリゴ糖の中でもカイテキオリゴは高純度のオリゴ糖のため、しっかりと体内の消化内部に吸収される事なく大腸にまで届き、オリゴ糖の働きを損なう事がありません。その結果、腸内の善玉ビフィズス菌が活性化されて、腸内の働きを元気にしてくれます。という事でおなかのゆるい人にも効果が期待できるという事です。実際の口コミは便秘気味の人の口コミが多いのですが、下痢気味の人の口コミも報告されていました。効果があったという口コミが多いですね。なので、おなかの緩みを改善し、元気な腸内にしたいと考える人にとって、カイテキオリゴはピッタリな健康食品になるでしょう。もともと腸が弱いという場合、少し結果につながるためには時間が必要になる場合もあります。すぐに効果がある人も中にはいますが、できれば最低1か月はあきらめず根気よく続けてみるといいですよ。

タグ : コメント(0)

カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に効くか、効かないか?

2016年08月07日 by admin
コメント

今話題のカイテキオリゴですが、本当のところ効くのか効かないのか?気になりますよね。

成分には、整腸剤が含まれていませんので、なぜ便秘にカイテキオリゴなの?と思う人もいるでしょう。実際に赤ちゃんの口コミはいろいろです。赤ちゃんの便は、普通1日に2回から3回という事です。ですが、便秘気味の赤ちゃんの場合、1日1回まとめて出すため、通常より固い便になり、赤ちゃんの負担が大きくなってしまいます。こんなケースの赤ちゃんにも効き目があったという口コミがあります。ただ中には効かないという口コミもあります。割合的には5点評価の4点という事なので、購入した人のほとんどに効果があるという事です。

こう書かれてしまうと、うちの赤ちゃんには効くのだろうか?と悩む人もいますよね。まずは、かかりつけのお医者さんに相談する事が大切です。ただし、カイテキオリゴは人の中に存在するビフィズス菌のどんな種類にもいい影響を与える効果の高い複数のオリゴ糖が高純度で配合されています。また、整腸剤となるお薬が含まれていません。なので、体に悪影響のある成分がないのですね。なので、購入を検討している人は、一度はお試ししてみてもいいでしょう。

また、小さい赤ちゃんが大人になるまでは、善玉菌となるビフィズス菌が大人よりも少なく、大人につれて増えてきます。すぐに効果が表れる場合がほとんどです。たいてい効き目のある人は2、3日から効果が表れますが、1週間から10日くらいから効いてきたという口コミが報告されています。赤ちゃんの場合、一袋で一回の量は1gなので、2か月から3か月利用できます。期間も大人より長く使えますので、試す期間も長くなります。もし検討するなら、この期間お試ししてから、合うか合わないか考える事もできます。

口コミは、Yahoo!ショッピングや楽天ショッピングの口コミでもしっかりチェックできます。なので、生の声がしっかり分かります。人気の高い商品なので、検討材料が豊富な点はこれから購入を考える人にとっては嬉しい事ですね。

タグ : コメント(0)

赤ちゃんのアトピーとカイテキオリゴについて

2016年08月06日 by admin
コメント

生まれてから数か月して、これってアトピーかな?と心配になる人もいます。実際にアトピーと診断されて、途方にくれてしまう人も多いでしょう。離乳食が始まるとアレルギーが出ないようにと、食事も制限して考えなくてはいけないといったお悩みで普通の育児以上に時間とストレスをお母さんも赤ちゃんも抱えてしまいますよね。アトピーの主な原因は人と異なるタンパク質が体内に残った結果が皮膚に現れる症状という事が分かっています。そのため、卵やお肉など、アトピー体質の人によってどんな食物がアレルギーを引き起こすか人それぞれなのですが、特定のたんぱく質が上手く体で処理できなくて、体外に排出する事ができないのですね。

体内にアレルギーを引き起こす原因となる物質を、上手く体内から排出できるようにするには、腸内の環境を整える事が効果的と言われています。腸内には免疫細胞が60%以上あります。この腸内を元気にする事が長い目で考えると、アトピーに効果的になると考えられています。

カイテキオリゴを摂取する事で元気な腸内に変えてあげる事ができ、その結果アトピーのアレルギーを引き起こしにくい体質に変えられるという事で注目されています。ただし、改善のスピードはゆるやかです。毎日飲み続ける事で、アレルギーを引き起こさない体質に変えていくには時間がかかります。今日明日、結果がでるものではないため、即効性を期待する事なく根気よく続けてあげる補助食品と考えて、利用する事が大切なのですね。

実際にアトピーで悩んでいる人の口コミでは、アトピーは肌が乾燥するとかゆくなってしまうという事ですが、その乾燥しやすい肌が治まりつつあるという事でした。アトピーの場合は、まずは素人判断する事なく、お医者さんの指示に従う事が大切です。それに加えて、アレルギーを引き起こしやすい体質を改善するために、カイテキオリゴを利用する事が望ましいでしょう。焦らず、ゆっくり向き合ってみましょう。

タグ : コメント(0)

カイテキオリゴ 赤ちゃんに飲ませる方法が知りたい。

2016年08月05日 by admin
コメント

便秘の赤ちゃんに、カイテキオリゴを飲ませてみたい人多いですよね。赤ちゃんにカイテキオリゴを飲ませる場合は、1か月から飲ませても大丈夫という事です。どんな風に飲ませてみるといいかという事ですが、1か月から便秘気味の赤ちゃんの場合、粉ミルクや白湯にカイテキオリゴを混ぜて飲ませてあげましょう。大人のカイテキオリゴの分量が5gなので1gから始めてみるといいですね。

大人で5gを飲んで、腸が活発になりすぎて、緩んでしまう事もあります。赤ちゃんの場合も同様です。なので、少量にしてあげると安心です。男の子や女の子でもカイテキオリゴは、関係なく利用できます。少し大きくなると、離乳食に混ぜてみるといいですね、赤ちゃん用のヨーグルトがあります。これなら、赤ちゃんも喜んで食べてくれるため、飲ませやすいでしょう。どんな場合に飲ませてあげるといいかという事ですが、便秘気味の赤ちゃんはもちろん、後、便が固くなる前になんとかしてあげたいというときや、固い便しか出なくて苦しそうなときも利用する事ができます。

病院でもお薬を出してもらう事ができます。ただ、整腸剤は一時的なために、赤ちゃんの腸内の環境を整える訳ではありません。なので、そのときは便が出たとしても、便秘気味のお腹の中のビフィズス菌が増える訳ではないのです。そんな心配をするお母さんにピッタリです。カイテキオリゴなら、便秘気味の状態を改善した後も、健康な腸内にしてくれます。なので、発育途上のお子さんがしっかり成長するには、腸内環境を元気にしてあげると、体も元気に育ってくれやすくなります。

生まれたときは、オムツ代やおしりふき、また粉ミルクも経済的にかかってしまいます。どれくらいの金額で続ける事ができるかという事ですが、1日30円です。一袋が2か月から3か月弱の間使えます。長く続けるのは大変な人でも、こう考えると利用しやすいですよね。またオリゴ糖が赤ちゃんにいいという事ですが、市販のオリゴ糖は甘味料がたくさん入っているため、新生児の赤ちゃんには飲ませないようにしましょう。

タグ : コメント(0)